NEWS
ニュース

HIGHLIGHTS
ピックアップ

【データ更新】石炭火力発電所の最新状況(2022年1月5日)

2022.01.05

【データ更新】石炭火力発電所の最新状況(2022年1月5日)

日本の石炭火力発電所データベースの更新情報です。今年も世界の脱炭素の動きを発信していきます。

【ニュース】COP26 脱石炭を表明せずグラスゴーで落ちこぼれた日本

2021.12.28

【ニュース】COP26 脱石炭を表明せずグラスゴーで落ちこぼれた日本

COP26開始早々に「化石賞」を受賞した日本。でも、問題はそれだけではありませんでした。COP26で世界が合意したことを振り返りつつ、日本が落ちこぼれになってしまった理由を5つにまとめてみました。

【ニュース】ドイツの脱炭素戦略 – 2030年 石炭火力廃止を8年前倒しに

2021.12.28

【ニュース】ドイツの脱炭素戦略 – 2030年 石炭火力廃止を8年前倒しに

2021年11月24日、ドイツの新しい連立政権は、石炭火力発電の段階的廃止(フェーズアウト)完了時期を2030年に前倒しすること、また同年までに国内総電力需要の80%を再生可能エネルギー発電で供給することを含むエネルギー計画に合意しました。

【ニュース】神戸石炭火力発電所 行政訴訟が結審

2021.12.27

【ニュース】神戸石炭火力発電所 行政訴訟が結審

神戸製鋼所内に石炭火力発電所(2基、計130万kW)を増設する計画について建設を認めた国の責任を争っていた行政訴訟の控訴審が12月14日に結審を迎えました。判決は2022年4月26日(火)14:30 大阪高等裁判所です。

【ニュース】環境大臣がGENESIS松島計画を事実上容認

2021.12.21

【ニュース】環境大臣がGENESIS松島計画を事実上容認

12月16日、環境省はJ-POWERが長崎県の松島石炭火力発電所2号機にガス化設備を追加して「アップサイクル」するGENESIS松島計画の環境アセス(計画段階環境配慮書)に対する環境大臣意見を発表しました。その中身は脱石炭・脱化石燃料を加速できるのか?

【ニュース】GENESIS松島意見書募集 市民の声はどこに?

2021.12.10

【ニュース】GENESIS松島意見書募集 市民の声はどこに?

2021年10月にGENESIS松島計画の環境アセスメント手続きの一貫として「計画段階配慮書」に対する意見募集が行われました。J-Powerは市民の意見を事業者はどうとらえたのでしょうか。公表された結果からは形式的な対応しか見られませんでした。

【ニュース】岸田首相COP26演説、早々に「化石賞」を受賞

2021.11.05

【ニュース】岸田首相COP26演説、早々に「化石賞」を受賞

11月2日、英グラスゴーで開かれている国連気候変動枠組条約第26回締約国会議(COP26)にて、日本は昨年に続き「化石賞」を受賞しました。

LATEST NEWS
最新ニュース

【ニュース】日本初!京都市が日本で初めて脱石炭国際連盟(PPCA)に加盟

2021.03.04

【ニュース】日本初!京都市が日本で初めて脱石炭国際連盟(PPCA)に加盟

2021年3月2日、京都市が「脱石炭連国際連盟(PPCA)」に加盟したことが発表されました。日本初!の登録です。PPCAに加盟したことで、京都市は日本で初めて石炭火力発電所フェーズアウト方針を宣言したこととなります。

【データ更新】石炭火力発電所の最新状況(2021年3月1日)

2021.03.01

【データ更新】石炭火力発電所の最新状況(2021年3月1日)

Japan Beyond Coalが提供する日本の石炭火力発電所データベース。3月1日時点での運転中は163基、計画中・建設中は15基となっています。

【ニュース 】日本の金融機関が石炭産業への融資総額で世界第1位に 3メガバンクが2回連続でトップを独占

2021.02.25

【ニュース 】日本の金融機関が石炭産業への融資総額で世界第1位に 3メガバンクが2回連続でトップを独占

石炭産業に投融資する世界の金融機関・投資家に関する最新の調査結果が、ドイツの環境NGOウルゲワルド、フランスのシンクタンクNGOリクレイム・ファイナンス、国際環境NGO 350 Japanおよび25団体により発表されました。

【ニュース】3地域のFFFが「石炭ゼロを求めます」アクション展開中

2021.02.18

【ニュース】3地域のFFFが「石炭ゼロを求めます」アクション展開中

横須賀、神戸、仙台の3地域の石炭火力発電に反対しているFridays For Future Kobe, Sendai, Yokosukaが、小泉大臣と梶山大臣に「石炭ゼロを求めます」という趣旨の手紙を送ろうというキャンペーンを展開中です。

【データ更新】石炭火力発電所の最新状況(2021年2月1日)

2021.02.01

【データ更新】石炭火力発電所の最新状況(2021年2月1日)

Japan Beyond Coalが提供する日本の石炭火力発電所データベースを2月1日に更新しました。常陸那珂共同火力発電所が商業運転を開始したため、運転中が163基になっています。

【ニュース】神戸石炭訴訟が結審 国の責任を問う判決は3月15日

2021.01.29

【ニュース】神戸石炭訴訟が結審 国の責任を問う判決は3月15日

神戸製鋼が神戸市灘区で計画を進めてきた石炭火力発電所をめぐり2年以上続いてきた行政訴訟が、2021年1月20日に結審を迎えました。判決は3月15日。国の責任を問う行政訴訟に裁判所がどのような判決を下すか注目です。

【ニュース】本当にいいの?常陸那珂共同火力発電所1号機の営業運転開始

2021.01.18

【ニュース】本当にいいの?常陸那珂共同火力発電所1号機の営業運転開始

1月8日、JERAの子会社である常陸那珂ジェネレーションが開発を進めてきた常陸那珂共同火力発電所1号機(65万kW、超々臨界圧発電方式)の営業運転が開始 されました。この運転開始の問題点を洗い出しました。

【データ更新】石炭火力発電所の最新状況(2021年1月4日)

2021.01.04

【データ更新】石炭火力発電所の最新状況(2021年1月4日)

Japan Beyond Coalが提供する日本の石炭火力発電所データベースを1月4日に更新しました。北海道の釧路石炭火力発電所が商業運転を開始したため、運転中が162基になっています。

【ニュース】エネルギー政策に2030年石炭ゼロの位置づけを!市民のキャンペーンがスタート

2020.12.11

【ニュース】エネルギー政策に2030年石炭ゼロの位置づけを!市民のキャンペーンがスタート

12月10日、様々な環境団体や市民団体が連携して、パリ協定と整合的な削減目標とエネルギー政策に2030年石炭セロを盛り込むように求めるキャンペーン「あと4年、未来を守れるのは今」がスタートしました。

【データ更新】石炭火力発電所の最新状況(2020年12月1日)

2020.12.01

【データ更新】石炭火力発電所の最新状況(2020年12月1日)

Japan Beyond Coalが提供する日本の石炭火力発電所データベースを12月1日に更新しました。今回、2基目の「廃止」となったのはIGCC発電技術を採用していた勿来発電所10号機です。

【ニュース】日本初のIGCC商用機、勿来発電所10号機廃止

2020.11.30

【ニュース】日本初のIGCC商用機、勿来発電所10号機廃止

2020年11月16日、常磐共同火力株式会社が勿来発電所10号機の廃止を発表しました。IGCCは、CO2のCCSとともに低炭素型エネルギーインフラとして期待されている次世代技術のひとつですが、その有効性には疑問が持たれます。

【ニュース】釧路火力発電所の本格稼働に遅れ  住民苦情を受け事業者に質問書を送付

2020.11.27

【ニュース】釧路火力発電所の本格稼働に遅れ 住民苦情を受け事業者に質問書を送付

2020年11月1日に営業運転を開始する予定だった釧路市に計画されている石炭火力発電所は、11月末時点でも本格稼働していませんが、試運転の段階からすでに振動や騒音といった問題を起こしています。