NEWS
ニュース

HIGHLIGHTS
ピックアップ

【データ更新】石炭火力発電所の最新状況(2021年12月1日)

2021.12.01

【データ更新】石炭火力発電所の最新状況(2021年12月1日)

日本の石炭火力発電所データベースの更新情報です。世界で石炭火力のフェーズアウトを加速させる中、日本ではまた新たな石炭火力発電所が動き出しました。

【ニュース】岸田首相COP26演説、早々に「化石賞」を受賞

2021.11.05

【ニュース】岸田首相COP26演説、早々に「化石賞」を受賞

11月2日、英グラスゴーで開かれている国連気候変動枠組条約第26回締約国会議(COP26)にて、日本は昨年に続き「化石賞」を受賞しました。

【ニュース】COP26:Global Coal to Clean Power Transition Statement発表

2021.11.05

【ニュース】COP26:Global Coal to Clean Power Transition Statement発表

11月4日、国連気候変動枠組条約第26回締約国会議(COP26)にて、石炭に関するステートメント「Global Coal to Clean Power Transition Statement」が発表されました。ここに仮訳と署名国を記します。

【ニュース】横須賀で高まる”石炭火力反対”の声。若者や地域住民のアクション次々と

2021.10.29

【ニュース】横須賀で高まる”石炭火力反対”の声。若者や地域住民のアクション次々と

横須賀で進む石炭火力発電所の建設。事業者のJERAによれば、工事進捗率は1号機が 54.4%、2号機が 23.5%、総合で42.2%だそうです。温暖化を止めなければいけないのに、まだ新たな石炭火力発電所を動かすつもりなの?この計画に反対すべく、地元でも若者たちの反対アクションが高まっています。

【ニュース】GENESIS松島の計画が浮上、市民が動き出す

2021.10.16

【ニュース】GENESIS松島の計画が浮上、市民が動き出す

電源開発が9月28日、長崎県西海市にある松島火力発電所に石炭のガス化発電設備を付加するGENESIS松島計画の環境アセスメント「計画段階配慮書」の縦覧と意見の募集を開始。意見書の提出締め切りいは10月29日(消印有効)までなので、多くの人から意見を提出し、計画を止めるように求めましょう。

【ニュース】第6次エネルギー基本計画(案)に対する意見ー石炭火力発電のフェーズアウト加速に向けて

2021.10.01

【ニュース】第6次エネルギー基本計画(案)に対する意見ー石炭火力発電のフェーズアウト加速に向けて

日本の温室効果ガス排出全体の8割以上をエネルギー起源の二酸化炭素(CO2)が占めています。今回、改訂されるエネルギー基本計画は今後の日本の気候変動対策を左右する重要なものです。Japan Beyond Coalからも「第6次エネルギー基本計画(案)」に対し以下の意見を提出します。

【ニュース】Japan Beyond Coal (JBC) の発足から1年。9月30日イベント開催へ

2021.09.21

【ニュース】Japan Beyond Coal (JBC) の発足から1年。9月30日イベント開催へ

Japan Beyond Coalの発足一周年を記念し、9月30日にウェビナー「日本の気候変動政策と脱石炭への展望ーこの1年を振り返ってー」を開催します。

【ニュース】政府がエネルギー政策に関するパブコメを募集中!10月4日まで

2021.09.15

【ニュース】政府がエネルギー政策に関するパブコメを募集中!10月4日まで

日本のエネルギー政策および気候変動対策の根幹ともなる、第六次エネルギー基本計画(案)、地球温暖化対策計画(案)、パリ協定に基づく成長戦略としての長期戦略(案)への意見募集(パブリック・コメント)が開始されています。

LATEST NEWS
最新ニュース

【データ更新】石炭火力発電所の最新状況(2021年12月1日)

2021.12.01

【データ更新】石炭火力発電所の最新状況(2021年12月1日)

日本の石炭火力発電所データベースの更新情報です。世界で石炭火力のフェーズアウトを加速させる中、日本ではまた新たな石炭火力発電所が動き出しました。

【ニュース】岸田首相COP26演説、早々に「化石賞」を受賞

2021.11.05

【ニュース】岸田首相COP26演説、早々に「化石賞」を受賞

11月2日、英グラスゴーで開かれている国連気候変動枠組条約第26回締約国会議(COP26)にて、日本は昨年に続き「化石賞」を受賞しました。

【ニュース】COP26:Global Coal to Clean Power Transition Statement発表

2021.11.05

【ニュース】COP26:Global Coal to Clean Power Transition Statement発表

11月4日、国連気候変動枠組条約第26回締約国会議(COP26)にて、石炭に関するステートメント「Global Coal to Clean Power Transition Statement」が発表されました。ここに仮訳と署名国を記します。

【データ更新】石炭火力発電所の最新状況(2021年11月1日)

2021.11.01

【データ更新】石炭火力発電所の最新状況(2021年11月1日)

日本の石炭火力発電所データベースの更新情報です。COP26 が開幕し、脱炭素に向けた取り組みが求められる中、日本には165基の稼働中の発電所の廃止計画がないばかりか、計画中/建設中が10基も存在しています。

【ニュース】横須賀で高まる”石炭火力反対”の声。若者や地域住民のアクション次々と

2021.10.29

【ニュース】横須賀で高まる”石炭火力反対”の声。若者や地域住民のアクション次々と

横須賀で進む石炭火力発電所の建設。事業者のJERAによれば、工事進捗率は1号機が 54.4%、2号機が 23.5%、総合で42.2%だそうです。温暖化を止めなければいけないのに、まだ新たな石炭火力発電所を動かすつもりなの?この計画に反対すべく、地元でも若者たちの反対アクションが高まっています。

【ニュース】GENESIS松島の計画が浮上、市民が動き出す

2021.10.16

【ニュース】GENESIS松島の計画が浮上、市民が動き出す

電源開発が9月28日、長崎県西海市にある松島火力発電所に石炭のガス化発電設備を付加するGENESIS松島計画の環境アセスメント「計画段階配慮書」の縦覧と意見の募集を開始。意見書の提出締め切りいは10月29日(消印有効)までなので、多くの人から意見を提出し、計画を止めるように求めましょう。

【ニュース】第6次エネルギー基本計画(案)に対する意見ー石炭火力発電のフェーズアウト加速に向けて

2021.10.01

【ニュース】第6次エネルギー基本計画(案)に対する意見ー石炭火力発電のフェーズアウト加速に向けて

日本の温室効果ガス排出全体の8割以上をエネルギー起源の二酸化炭素(CO2)が占めています。今回、改訂されるエネルギー基本計画は今後の日本の気候変動対策を左右する重要なものです。Japan Beyond Coalからも「第6次エネルギー基本計画(案)」に対し以下の意見を提出します。

【データ更新】石炭火力発電所の最新状況(2021年10月1日)

2021.10.01

【データ更新】石炭火力発電所の最新状況(2021年10月1日)

日本の石炭火力発電所データベースの更新情報です。電源開発(J-POWER)が松島石炭火力発電所にガス化設備を追加する計画を発表したことを受け、新規計画が浮上してきました。9月29日に計画段階環境配慮書の縦覧が開始されています。

【ニュース】Japan Beyond Coal (JBC) の発足から1年。9月30日イベント開催へ

2021.09.21

【ニュース】Japan Beyond Coal (JBC) の発足から1年。9月30日イベント開催へ

Japan Beyond Coalの発足一周年を記念し、9月30日にウェビナー「日本の気候変動政策と脱石炭への展望ーこの1年を振り返ってー」を開催します。

【ニュース】政府がエネルギー政策に関するパブコメを募集中!10月4日まで

2021.09.15

【ニュース】政府がエネルギー政策に関するパブコメを募集中!10月4日まで

日本のエネルギー政策および気候変動対策の根幹ともなる、第六次エネルギー基本計画(案)、地球温暖化対策計画(案)、パリ協定に基づく成長戦略としての長期戦略(案)への意見募集(パブリック・コメント)が開始されています。

【データ更新】石炭火力発電所の最新状況(2021年9月1日)

2021.09.01

【データ更新】石炭火力発電所の最新状況(2021年9月1日)

Japan Beyond Coalが提供する日本の石炭火力発電所データベースの更新情報です。 8月中の変更はありませんでしたが、複数の事業での建設工事が進められています。

【ニュース】神戸製鋼所 株主総会 2021  アクションを実施

2021.08.05

【ニュース】神戸製鋼所 株主総会 2021 アクションを実施

2021年6月23日、新設石炭火力の計画を進める神戸製鋼所の株主総会当日、地元で石炭火力問題に取り組む住民グループ、神戸の石炭火力発電を考える会のメンバーが、株主として経営陣に計画中止を訴えたほか、会場の最寄り駅においてアクションを行いました。株主総会での質疑応答を紹介します。