NEWS
ニュース

HIGHLIGHTS
ピックアップ

【ニュース】Japan Beyond Coal (JBC) の発足から1年。9月30日イベント開催へ

2021.09.21

【ニュース】Japan Beyond Coal (JBC) の発足から1年。9月30日イベント開催へ

Japan Beyond Coalの発足一周年を記念し、9月30日にわびなー「日本の気候変動政策と脱石炭への展望 ーこの1年を振り返ってー」を開催します。

【ニュース】政府がエネルギー政策に関するパブコメを募集中!10月4日まで

2021.09.15

【ニュース】政府がエネルギー政策に関するパブコメを募集中!10月4日まで

日本のエネルギー政策および気候変動対策の根幹ともなる、第六次エネルギー基本計画(案)、地球温暖化対策計画(案)、パリ協定に基づく成長戦略としての長期戦略(案)への意見募集(パブリック・コメント)が開始されています。

【データ更新】石炭火力発電所の最新状況(2021年9月1日)

2021.09.01

【データ更新】石炭火力発電所の最新状況(2021年9月1日)

Japan Beyond Coalが提供する日本の石炭火力発電所データベースの更新情報です。 8月中の変更はありませんでしたが、複数の事業での建設工事が進められています。

【ニュース】神戸製鋼所 株主総会 2021  アクションを実施

2021.08.05

【ニュース】神戸製鋼所 株主総会 2021 アクションを実施

2021年6月23日、新設石炭火力の計画を進める神戸製鋼所の株主総会当日、地元で石炭火力問題に取り組む住民グループ、神戸の石炭火力発電を考える会のメンバーが、株主として経営陣に計画中止を訴えたほか、会場の最寄り駅においてアクションを行いました。株主総会での質疑応答を紹介します。

【ニュース】政府審議会、次期エネ基の原案を提示。2030年19%と石炭維持を堅持。

2021.07.27

【ニュース】政府審議会、次期エネ基の原案を提示。2030年19%と石炭維持を堅持。

7月21日、総合資源エネルギー調査会第46回基本政策分科会が開催され、第六次エネルギー基本計画の素案が示されました。2030年19%と石炭維持を堅持する案となっています。

【ニュース】脱石炭連盟(PPCA)に国、地方政府・自治体、企業・団体が続々加入

2021.07.20

【ニュース】脱石炭連盟(PPCA)に国、地方政府・自治体、企業・団体が続々加入

6月30日、英国政府とカナダ政府のイニシアチブにより発足した石炭火力発電からの脱却とクリーンエネルギーへの移行を目指す国際的な枠組み「脱石炭国際連盟(PPCA)」に12のメンバーが新たに加わり、その数は、41カ国、39地方政府・自治体、55企業・団体となりました。

【ニュース】気候ネットワークの平田仁子さん、石炭火力に対する取り組みを評価されゴールドマン環境賞を受賞

2021.06.28

【ニュース】気候ネットワークの平田仁子さん、石炭火力に対する取り組みを評価されゴールドマン環境賞を受賞

2021年6月、環境のノーベル賞とも呼ばれるゴールドマン環境賞を、気候ネットワークの平田仁子さんが、石炭火力発電の建設を中止させる活動に取り組んできた活動が評価され、日本女性として初めて受賞しました。

【ニュース】石炭止めるのは今でしょ!フィナンシャルタイムズに広告掲載 G7で孤立する石炭中毒の日本

2021.06.07

【ニュース】石炭止めるのは今でしょ!フィナンシャルタイムズに広告掲載 G7で孤立する石炭中毒の日本

6月7日、「No Coal Japan」コアリションと、日豪欧韓米それぞれにおいて2030年の脱石炭を目指す「Beyond Coal」キャンペーンが協力して、イギリスのフィナンシャルタイムズ紙に、日本に対し石炭から脱却し、再生可能エネルギーへの投資を行うように呼びかける全面広告を掲載しました。

LATEST NEWS
最新ニュース

【ニュース】OCCTO電力供給計画、2030年度までの見通しを示す

2021.05.14

【ニュース】OCCTO電力供給計画、2030年度までの見通しを示す

3月31日に電力広域的運営推進機関(OCCTO)が「2021年度供給計画の取りまとめ」を発表。2030年の電源構成(エネルギーミックス)は、原発20~22%、再エネ22~24%、LNG27%、石炭26%、石油3%としています。

【データ更新】石炭火力発電所の最新状況(2021年5月1日)

2021.05.01

【データ更新】石炭火力発電所の最新状況(2021年5月1日)

Japan Beyond Coalが提供する日本の石炭火力発電所データベースの更新情報です。 新規計画の中止2件、運転開始2件と複数個所での動きがありました。

【ニュース】政府の「非効率石炭火力のフェードアウト」では間に合わない!

2021.04.30

【ニュース】政府の「非効率石炭火力のフェードアウト」では間に合わない!

4月23日、経済産業省の「石炭火力検討ワーキンググループ」で、2030年に向けた石炭火力発電の「フェードアウト」に関する中間とりまとめが発表されましたが、この方針は気候危機を回避するためには、まったく不十分なものでした。

【ニュース】秋田港の発電所建設計画が中止 日本の新規計画がゼロに

2021.04.28

【ニュース】秋田港の発電所建設計画が中止 日本の新規計画がゼロに

2021年4月27日、関電エネルギーソリューションと丸紅クリーンパワー株式会社が共同で検討していた秋田港火力発電所(仮称)建設計画の検討中止を発表しました。

【ニュース】株主の立場からMUFGに気候変動対策の強化を求める

2021.04.27

【ニュース】株主の立場からMUFGに気候変動対策の強化を求める

3月29日、気候ネットワークと個人株主3名が、三菱UFJフィナンシャル・グループに対して、パリ協定の目標に沿った投融資を行うための計画を決定し、開示することを求める株主提案を提出したことを発表しました。

【ニュース】宇部の石炭火力発電所の計画が中止に!

2021.04.16

【ニュース】宇部の石炭火力発電所の計画が中止に!

2021年4月16日、電源開発と宇部興産は2015年から検討していた「西沖の山(仮称)発電所」の新設計画を取り止めたと発表しました。

【データ更新】石炭火力発電所の最新状況(2021年4月1日)

2021.04.01

【データ更新】石炭火力発電所の最新状況(2021年4月1日)

Japan Beyond Coalが提供する日本の石炭火力発電所データベース。4月1日時点での運転中は163基、計画中・建設中は15基で前月から変更ありません。

【ニュース】欧州が2030年 石炭火力フェーズアウトの折り返し地点に到達!

2021.03.25

【ニュース】欧州が2030年 石炭火力フェーズアウトの折り返し地点に到達!

世界各国が2030年に向けた石炭の段階的な削減(フェーズアウト)の取り組みを進めていますが、3月23日に英West Burton石炭火力発電所の2022年閉鎖予定が発表されたのをもって、欧州は2030年までにすべての石炭火力発電所を閉鎖するという目標の折り返し地点に到達しました!

【ニュース】神戸・石炭火力行政訴訟判決 気候危機を訴える市民の声を認めず

2021.03.23

【ニュース】神戸・石炭火力行政訴訟判決 気候危機を訴える市民の声を認めず

3月15 日、神戸市に建設中の神戸製鋼石炭火力発電所建設につき、地元住民ら12人の原告が環境影響評価書の確定通知の取消を求めた訴訟の判決が言い渡されました。新設計画を認めた国の責任、判断を問う裁判としては初めてのもので判決が注目されていました。

【ニュース】横須賀で活動する3団体が横須賀市カーボンニュートラル宣言を歓迎する意見広告を掲載。

2021.03.13

【ニュース】横須賀で活動する3団体が横須賀市カーボンニュートラル宣言を歓迎する意見広告を掲載。

2021年3月13日、朝日新聞朝刊東京本社版に意見広告「横須賀市ゼロカーボンシティ宣言を歓迎します。CO2を増やす新規の石炭k力発電所はいりません。」を掲載しました。

【ニュース】日本初!京都市が日本で初めて脱石炭国際連盟(PPCA)に加盟

2021.03.04

【ニュース】日本初!京都市が日本で初めて脱石炭国際連盟(PPCA)に加盟

2021年3月2日、京都市が「脱石炭連国際連盟(PPCA)」に加盟したことが発表されました。日本初!の登録です。PPCAに加盟したことで、京都市は日本で初めて石炭火力発電所フェーズアウト方針を宣言したこととなります。

【データ更新】石炭火力発電所の最新状況(2021年3月1日)

2021.03.01

【データ更新】石炭火力発電所の最新状況(2021年3月1日)

Japan Beyond Coalが提供する日本の石炭火力発電所データベース。3月1日時点での運転中は163基、計画中・建設中は15基となっています。