NEWS
ニュース

HIGHLIGHTS
ピックアップ

【ニュース】日本、ドイツにおける若者がG7首脳に早期脱石炭を抗議のアクション

2022.06.23

【ニュース】日本、ドイツにおける若者がG7首脳に早期脱石炭を抗議のアクション

2022年6月22日、G7交渉において、日本政府が石炭火力の段階的廃止(フェーズアウト)の具体的な時期に約束することを阻止していること対し、ドイツと日本の若者たちが連携し抗議のアクションをしました。ドイツはベルリンの日本大使館前で、日本は横須賀石炭火力発電所の建設現場前でそれぞれ行われています。

【ニュース】G7気候・エネルギー・環境大臣会合:日本が脱石炭、電力部門の大宗を脱炭素化する宣言

2022.06.21

【ニュース】G7気候・エネルギー・環境大臣会合:日本が脱石炭、電力部門の大宗を脱炭素化する宣言

2022年5月27日、G7の気候・エネルギー・環境大臣会合が閉幕しました。その結果、最終合意されたコミュニケでは、日本の石炭火力依存からの脱却に向けた重要な展開が含まれていました。

【ニュース】ジュリアン・ヴィンセント氏がゴールドマン環境賞を受賞

2022.06.09

【ニュース】ジュリアン・ヴィンセント氏がゴールドマン環境賞を受賞

豪環境団体マーケット・フォース 代表のジュリアン・ヴィンセント氏が、環境分野のノーベル賞として知られる『ゴールドマン環境賞2022』を受賞しました。ヴィンセント氏は、日本における気候変動株主提案にも深くかかわっています。

【ニュース】地域団体が武豊火力発電所について住民アンケートを実施

2022.06.02

【ニュース】地域団体が武豊火力発電所について住民アンケートを実施

愛知県の武豊町では、2022年度の運転開始に向けて、JERAが武豊火力発電所の建設を進めています。この発電所について、「武豊町の環境問題を考える会」が地域住民へアンケート調査を実施した中間とりまとめを報告します。

【データ更新】石炭火力発電所の最新状況(2022年6月1日)

2022.06.01

【データ更新】石炭火力発電所の最新状況(2022年6月1日)

日本の石炭火力発電所データベースの更新情報です。5月中には動きがなかったので、現状の稼働数は166基のままです。

【ニュース】日本初、機関投資家が脱炭素戦略強化を求めJ-Powerに株主提案

2022.05.31

【ニュース】日本初、機関投資家が脱炭素戦略強化を求めJ-Powerに株主提案

5月11日、国外の機関投資家と株主行動に関する活動を行う非営利団体ACCRが、電源開発株式会社(J-Power)に対して、脱炭素戦略の強化を求める株主提案を共同提出しました。提案を提出した3社の運用資産額は計3兆ドルに上ります。

【ニュース】神戸石炭行政訴訟判決 再び原告の訴えを退けた裁判所

2022.05.26

【ニュース】神戸石炭行政訴訟判決 再び原告の訴えを退けた裁判所

4月26日、神戸製鋼所が神戸市灘区で進めている石炭火力発電所の増設計画に関する行政訴訟において、原告の訴えが退けられる残念な結果となりました。

【ニュース】気候変動対策の加速を求めて4社に株主提案を提出

2022.05.18

【ニュース】気候変動対策の加速を求めて4社に株主提案を提出

4月11日、国内外の環境NGOとその代表者を含む個人株主が、金融、商社、電力の3業界、4企業(SMBCフィナンシャルグループ、三菱商事、東京電力ホールディングスと中部電力)に対し、気候変動対策の強化を求める株主提案を提出しました。  

【ニュース】OCCTO電力供給計画を公表、2031年度に石炭32%を占める見通し

2022.04.28

【ニュース】OCCTO電力供給計画を公表、2031年度に石炭32%を占める見通し

電力広域的運営推進機関(OCCTO)が電気事業者が提出した供給計画を取りまとめた「2022年度供給計画の取りまとめ」を公表。この結果からは、1.5℃目標、2030年エネルギーミックス、非効率石炭火力のフェードアウトにも全く整合しない方向に進んでいることが明らかになりました。    

LATEST NEWS
最新ニュース

【データ更新】石炭火力発電所の最新状況(2022年3月1日)

2022.03.01

【データ更新】石炭火力発電所の最新状況(2022年3月1日)

日本の石炭火力発電所データベースの更新情報です。2月末時点での稼働数は167基です。建設工事は引き続き進んでいます。  

【ニュース】神戸発電所3号機が営業運転開始

2022.02.08

【ニュース】神戸発電所3号機が営業運転開始

神戸市灘区で新規建設され、昨年から試運転を行っていた石炭火力「神戸発電所3号機(65万kW)」が2月1日、営業運転を開始しました。3号機の年間のCO2排出量は346万トンとされています。

【データ再更新】石炭火力発電所の最新状況(2022年2月1日)

2022.02.01

【データ再更新】石炭火力発電所の最新状況(2022年2月1日)

日本の石炭火力発電所データベースの更新情報です。2月1日に神戸石炭火力発電所3号機が商業運転を開始しました。そのため稼働数が167基になりました。  

【ニュース】石炭火力の温存策「容量市場」事実上の補助金に対してNGOが批判

2022.01.28

【ニュース】石炭火力の温存策「容量市場」事実上の補助金に対してNGOが批判

2021年12月22日、電力広域的運営推進機関が、4年後の供給力を確保することを目的として日本全国の既存の発電設備にあらかじめ対価を支払うしくみである「容量市場」のメインオークション約定結果を公表しました。  

【ニュース】日本のアンモニア政策を本当に脱炭素になるのか

2022.01.25

【ニュース】日本のアンモニア政策を本当に脱炭素になるのか

日本政府が、グリーンイノベーション基金事業の一環として、2029年までに石炭火力発電所で50%のアンモニアを混焼させることを目指す2つの実証プロジェクトに279億円を投入すると発表しました。果たしてこれは本当に脱石炭につながるのでしょうか。 グリーンウォッシュだとの国外の見解を紹介します 。    

【データ更新】石炭火力発電所の最新状況(2022年1月5日)

2022.01.05

【データ更新】石炭火力発電所の最新状況(2022年1月5日)

日本の石炭火力発電所データベースの更新情報です。今年も世界の脱炭素の動きを発信していきます。

【ニュース】COP26 脱石炭を表明せずグラスゴーで落ちこぼれた日本

2021.12.28

【ニュース】COP26 脱石炭を表明せずグラスゴーで落ちこぼれた日本

COP26開始早々に「化石賞」を受賞した日本。でも、問題はそれだけではありませんでした。COP26で世界が合意したことを振り返りつつ、日本が落ちこぼれになってしまった理由を5つにまとめてみました。

【ニュース】ドイツの脱炭素戦略 – 2030年 石炭火力廃止を8年前倒しに

2021.12.28

【ニュース】ドイツの脱炭素戦略 – 2030年 石炭火力廃止を8年前倒しに

2021年11月24日、ドイツの新しい連立政権は、石炭火力発電の段階的廃止(フェーズアウト)完了時期を2030年に前倒しすること、また同年までに国内総電力需要の80%を再生可能エネルギー発電で供給することを含むエネルギー計画に合意しました。

【ニュース】神戸石炭火力発電所 行政訴訟が結審

2021.12.27

【ニュース】神戸石炭火力発電所 行政訴訟が結審

神戸製鋼所内に石炭火力発電所(2基、計130万kW)を増設する計画について建設を認めた国の責任を争っていた行政訴訟の控訴審が12月14日に結審を迎えました。判決は2022年4月26日(火)14:30 大阪高等裁判所です。

【ニュース】環境大臣がGENESIS松島計画を事実上容認

2021.12.21

【ニュース】環境大臣がGENESIS松島計画を事実上容認

12月16日、環境省はJ-POWERが長崎県の松島石炭火力発電所2号機にガス化設備を追加して「アップサイクル」するGENESIS松島計画の環境アセス(計画段階環境配慮書)に対する環境大臣意見を発表しました。その中身は脱石炭・脱化石燃料を加速できるのか?

【ニュース】GENESIS松島意見書募集 市民の声はどこに?

2021.12.10

【ニュース】GENESIS松島意見書募集 市民の声はどこに?

2021年10月にGENESIS松島計画の環境アセスメント手続きの一貫として「計画段階配慮書」に対する意見募集が行われました。J-Powerは市民の意見を事業者はどうとらえたのでしょうか。公表された結果からは形式的な対応しか見られませんでした。

【データ更新】石炭火力発電所の最新状況(2021年12月1日)

2021.12.01

【データ更新】石炭火力発電所の最新状況(2021年12月1日)

日本の石炭火力発電所データベースの更新情報です。世界で石炭火力のフェーズアウトを加速させる中、日本ではまた新たな石炭火力発電所が動き出しました。