NEWS
ニュース

ARCHIVE
「TOPページに表示」一覧

【ニュース】日本、ドイツにおける若者がG7首脳に早期脱石炭を抗議のアクション

2022.06.23

【ニュース】日本、ドイツにおける若者がG7首脳に早期脱石炭を抗議のアクション

2022年6月22日、G7交渉において、日本政府が石炭火力の段階的廃止(フェーズアウト)の具体的な時期に約束することを阻止していること対し、ドイツと日本の若者たちが連携し抗議のアクションをしました。ドイツはベルリンの日本大使館前で、日本は横須賀石炭火力発電所の建設現場前でそれぞれ行われています。

【ニュース】G7気候・エネルギー・環境大臣会合:日本が脱石炭、電力部門の大宗を脱炭素化する宣言

2022.06.21

【ニュース】G7気候・エネルギー・環境大臣会合:日本が脱石炭、電力部門の大宗を脱炭素化する宣言

2022年5月27日、G7の気候・エネルギー・環境大臣会合が閉幕しました。その結果、最終合意されたコミュニケでは、日本の石炭火力依存からの脱却に向けた重要な展開が含まれていました。

【ニュース】ジュリアン・ヴィンセント氏がゴールドマン環境賞を受賞

2022.06.09

【ニュース】ジュリアン・ヴィンセント氏がゴールドマン環境賞を受賞

豪環境団体マーケット・フォース 代表のジュリアン・ヴィンセント氏が、環境分野のノーベル賞として知られる『ゴールドマン環境賞2022』を受賞しました。ヴィンセント氏は、日本における気候変動株主提案にも深くかかわっています。

【ニュース】地域団体が武豊火力発電所について住民アンケートを実施

2022.06.02

【ニュース】地域団体が武豊火力発電所について住民アンケートを実施

愛知県の武豊町では、2022年度の運転開始に向けて、JERAが武豊火力発電所の建設を進めています。この発電所について、「武豊町の環境問題を考える会」が地域住民へアンケート調査を実施した中間とりまとめを報告します。

【データ更新】石炭火力発電所の最新状況(2022年6月1日)

2022.06.01

【データ更新】石炭火力発電所の最新状況(2022年6月1日)

日本の石炭火力発電所データベースの更新情報です。5月中には動きがなかったので、現状の稼働数は166基のままです。

【ニュース】日本初、機関投資家が脱炭素戦略強化を求めJ-Powerに株主提案

2022.05.31

【ニュース】日本初、機関投資家が脱炭素戦略強化を求めJ-Powerに株主提案

5月11日、国外の機関投資家と株主行動に関する活動を行う非営利団体ACCRが、電源開発株式会社(J-Power)に対して、脱炭素戦略の強化を求める株主提案を共同提出しました。提案を提出した3社の運用資産額は計3兆ドルに上ります。

【ニュース】神戸石炭行政訴訟判決 再び原告の訴えを退けた裁判所

2022.05.26

【ニュース】神戸石炭行政訴訟判決 再び原告の訴えを退けた裁判所

4月26日、神戸製鋼所が神戸市灘区で進めている石炭火力発電所の増設計画に関する行政訴訟において、原告の訴えが退けられる残念な結果となりました。

【ニュース】気候変動対策の加速を求めて4社に株主提案を提出

2022.05.18

【ニュース】気候変動対策の加速を求めて4社に株主提案を提出

4月11日、国内外の環境NGOとその代表者を含む個人株主が、金融、商社、電力の3業界、4企業(SMBCフィナンシャルグループ、三菱商事、東京電力ホールディングスと中部電力)に対し、気候変動対策の強化を求める株主提案を提出しました。  

【レポート】自然エネルギー財団 CCS火力発電政策に関する報告書を発表

2022.05.12

【レポート】自然エネルギー財団 CCS火力発電政策に関する報告書を発表

2022年4月14日、公益財団法人 自然エネルギー財団が「CCS火力発電政策の隘路とリスク」を公表。この報告書では、CCS火力発電の5つの隘路を指摘するとともに、4月に公表されたIPCCの最新レポートも含め、世界の脱炭素戦略におけるCCSと自然エネルギーの位置づけを紹介しています。  

【レポート】活況と不況2022(原題Boom And Bust Coal 2022)発表

2022.04.28

【レポート】活況と不況2022(原題Boom And Bust Coal 2022)発表

グローバルエナジーモニタ(GEM)らが毎年発行している、世界の石炭火力発電所の稼働・計画状況をまとめた報告書『活況と不況-石炭2022』を公開。2021年、世界で開発中の石炭火力発電所の計画発電容量は13%減少したものの、気候目標達成までにはさらなる強化が必要であることが示されています。  

【ニュース】OCCTO電力供給計画を公表、2031年度に石炭32%を占める見通し

2022.04.28

【ニュース】OCCTO電力供給計画を公表、2031年度に石炭32%を占める見通し

電力広域的運営推進機関(OCCTO)が電気事業者が提出した供給計画を取りまとめた「2022年度供給計画の取りまとめ」を公表。この結果からは、1.5℃目標、2030年エネルギーミックス、非効率石炭火力のフェードアウトにも全く整合しない方向に進んでいることが明らかになりました。    

【レポート】IPCC第6次評価報告書 第3作業部会報告書(気候変動の緩和)発表

2022.04.23

【レポート】IPCC第6次評価報告書 第3作業部会報告書(気候変動の緩和)発表

2022年4月5日、国連の気候変動に関する政府間パネル(IPCC)第6次評価報告書第3作業部会(WG3)が、気候変動の緩和についての報告書を発表しました。