PUBLICATIONS & MEDIA
資料

日本における石炭火力発電の座礁資産リスク(日本語訳)

2019.10.01

カーボントラッカー・東京大学未来ビジョン研究センター・CDPジャパンが発表した本報告書は、日本で現在計画中及び運転中の石炭火力発電所が座礁資産化するおそれがあるという分析結果が示されている。2025年には再生可能エネルギーのコスト低下が石炭火力発電所の設備利用率や 電力料金の低下をもたらすことが主な要因としている。

レポート:

日本語サマリー「日本における石炭火力発電の座礁資産リスク
原文「LAND OF THE RISING SUN AND OFFSHORE WIND

作成・発行:Carbon Tracker, CDP, 東京大学未来ビジョンセンター

発行:2019年10月