PUBLICATIONS & MEDIA
資料

【レポート】Climate Analytics 2019レポート

2019.09.23

パリ協定の目標である1.5度に気温上昇を抑制することに整合させるためには、石炭火力のフェーズアウトが必要となることを示した分析レポート。レポートでは世界は2040年、OECD諸国は2030年に石炭火力をフェーズアウトすることが必要と指摘されています。

レポート:

Global and regional coal phase-out requirements of the Paris Agreement: Insights from the IPCC Special Report on 1.5°C(英語)(リンク
Global and regional coal phase-out requirements of the Paris Agreement: Insights from the IPCC Special Report on 1.5°C(英語)(PDF

作成・発行:Climate Analytics

発行:2019年9月23日