NEWS
ニュース

【更新】『石炭発電所新設ウォッチ』サイト更新(2016年7月20日)

2016.07.20

石炭発電所ウォッチの更新情報です。(2016年7月20日)

前回(7/8)にお知らせした「海田バイオマス混焼発電所」の意見書の募集が今月末までとなっています。
鹿島火力発電所2号機は、環境アセス確定通知を受領となり、関連文書が公開されています。

更新情報としては、今まで謎に包まれていた前田建設工業株式会社による建設計画の情報が入り、やはり計画が動いていたことが判明しました。

【環境アセス関連】

<海田バイオマス混焼発電所>

海田バイオマス混焼発電所建設計画事業は、広島県環境影響評価に関する条例に基づき手続きが実施されている事業で、2017年に建設着手、19年に運転開始が進む予定です。
この事業計画係る環境影響評価準備書が7月15日まで閲覧されていました。こちらの計画に対する意見書の募集は7月29日(金)までとなっています。

・広島ガス:プレスリリース 「海田バイオマス混焼発電所建設計画に係る環境影響評価準備書」の送付および縦覧等について(リンク
・広島ガス:環境保全部資料 「海田バイオマス混焼発電所建設計画に係る環境影響評価準備書の縦覧について」(リンク

<鹿島火力発電所>

電源開発ニュースリリース:「鹿島火力発電所2号機建設計画に係る『環境影響評価書』の確定通知の受領及び縦覧について」(2016/07/8)
Jパワーが鹿島火力発電所2号機の環境アセス確定通知を受領しました。これにより当該計画の、環境影響評価手続きは完了したことになります。

・鹿島火力発電所2号機建設計画に係る『環境影響評価書』の確定通知の受領及び縦覧について(縦覧期間 7月15日から8月15日
・鹿島火力発電所2号機建設計画 環境影響評価書(リンク

<IGCC計画に対する環境大臣の意見発表(広野、勿来)>(2017/7/1)

福島復興大型石炭ガス化複合発電設備実証計画(勿来)に係る環境影響評価準備書に対する環境大臣意見の提出について(リンク
福島復興大型石炭ガス化複合発電設備実証計画(広野)に係る環境影響評価準備書に対する環境大臣意見の提出について(リンク

<横須賀火力発電所計画に対する環境大臣の意見発表>(2017/7/1)

(仮称)横須賀火力発電所新1・2号機建設計画に係る計画段階環境配慮書に対する環境大臣意見の提出について(リンク

 

【情報更新】

<(仮)大船渡港バイオマス混焼石炭火力発電所建設事業>

長らく詳細がつかめなかった前田建設工業株式会社による発電所建設書建設計画が浮上してきました。知事判定で環境アセスが必要となっています。
(仮称)大船渡港バイオマス混焼石炭火力発電所建設事業(岩手県情報へのリンク
建設予定地:岩手県大船渡市赤崎町字大立16-4(大船渡湾永浜・山口地区工業用地)
出力:112,000kw

【その他】

気候ネットワークは、小型石炭火力発電所計画がアセス逃れ出進んでいる状況につき調査した結果を発表していますので、ご参考下さい。
【プレスリリース】環境アセスメント逃れの小規模石炭火力発電所計画、汚染排出データ未公表のまま着工(7月15日)(リンク

また、上に示した3件の火力発電所計画に関する環境大臣意見に対してもプレスリリースを公開しています。
【プレスリリース】環境大臣、石炭火力発電所計画になし崩しで「是認」 このままでは気候変動長期目標達成は困難に(2016/07/04)(リンク