the problem
問題提起

石炭火力から自然エネルギーへの転換

太陽光や風力、地熱、小水力、バイオマスなどは、持続可能でクリーンな自然エネルギーです。

これからつくるエネルギーを自然エネルギーに切りかえ、同時に、既存の火力発電所を段階的に廃止していくこと、これが、私たちが気候変動を防ぎ、持続可能な社会を築くためにできる未来のための選択です。

自然エネルギーは、コストも技術も十分になってきました。当てにならないという議論はもう過去のものです。

企業や市民も自然エネルギー100%への行動をはじめています。

化石燃料に頼らない豊かな社会へ

化石燃料資源に乏しい日本が自然エネルギーに切り替えていくことは、エネルギー自給率の高い国になっていくことを意味します。また、これまで燃料を輸入するために海外に支払われていたお金を国内のビジネスに回すことができるようになります。

つまり、自然エネルギーによる発電を日本各地に分散して進めることで、エネルギーの供給をより安定的し、地域で雇用を生み出すことで地域経済を再生し活性化させることができます。

希望ある未来をつくるために、一緒に行動しませんか。