ARCHIVE
資料すべて

【レポート】E3G報告書『G7石炭スコアカード2021年:脱石炭の道筋を明示、G7のリーダーシップを発揮する機会』発表

2021.06.30

【レポート】E3G報告書『G7石炭スコアカード2021年:脱石炭の道筋を明示、G7のリーダーシップを発揮する機会』発表

2021年5月14日、英国のシンクタンクE3Gによる主要7カ国首脳会議(G7)の石炭火力発電の段階的廃止を評価する『G7石炭スコアカード2021年:脱石炭の道筋を明示、G7のリーダーシップを発揮する機会』が発表されました。この報告書は2015年10月に初めて発表され、今回が第6版となります。 2021年はG7が石炭火力発電の段階的廃止に取り組む年 2021年度の分析では、以下のことが明らかになりました。 G7諸国の石炭火力発電容量は、経済協力開発機構(OECD)加盟国及び欧州...

【動画】「気候危機」とは?

2021.06.30

【動画】「気候危機」とは?

集中豪雨、巨大台風、猛暑日の増加… 私たちの生活が「気候危機」に脅かされています。 その原因となるCO2を大量に排出するのが石炭火力発電。 石炭火力の廃止は待ったなしです。 

【レポート】IEAが2050年ネットゼロへの工程表を発表

2021.06.21

【レポート】IEAが2050年ネットゼロへの工程表を発表

5月18日、国際エネルギー機関(IEA)が2050年までに世界の温室効果ガスの排出量を実質ゼロにするための工程表を記した『Net Zero by 2050 - A Roadmap for the Global Energy Sector』を発表しました。 多くの国が排出を実質ゼロにする目標を掲げていますが、それぞれの国の目標値がすべて達成されたとしても、2050年の世界全体のCO2排出量は約220億トンとなり、このままでは2100年までの気温上昇は約2.1℃となるとの見通しが...

【レポート】日豪レポート『知らないでは済まされない:日本によるオーストラリア石炭の消費が及ぼす影響』発表

2021.06.04

【レポート】日豪レポート『知らないでは済まされない:日本によるオーストラリア石炭の消費が及ぼす影響』発表

2021年6月4日、オーストラリアの市民グループであるオーストラリア研究所(Australia Institute)、オーストラリアで最大の自然保護団体オーストラリア・コンサベーション財団(Australia Conservation Foundation)と気候ネットワークは共同で、日本がどれほどオーストラリアの石炭に依存しているかに焦点を当てたレポート『知らないでは済まされない:日本によるオーストラリア産の石炭の消費が及ぼす影響』を発表しました。 本レポートには、オースト...

【レポート】WWF「脱炭素社会に向けた2050年ゼロシナリオ」発表

2021.06.01

【レポート】WWF「脱炭素社会に向けた2050年ゼロシナリオ」発表

WWFジャパンは、2011年から6回にわたって発表してきた「脱炭素社会に向けたエネルギーシナリオ」への提言を改定し、2050年ゼロに向けた提言を新たに発表しました。 2017 年版を発表以降、エネルギーを取り巻く環境は大きく変化し、他国に出遅れていた日本でも菅首相が2050年脱炭素社会を宣言したことで、脱炭素社会に向けた流れが加速しています。 WWFジャパンのシナリオは最新の現状を反映させ、2050年脱炭素を可能にするためには2030年にどうあるべきかを示しており、2030年...