ARCHIVE
資料すべて

【レポート】自然エネルギー財団2030年における電力需給バランスとコストの検証発表

2021.02.15

【レポート】自然エネルギー財団2030年における電力需給バランスとコストの検証発表

2021年2月10日、公益財団法人 自然エネルギー財団は、報告書「2030年における電力需給バランスとコストの検証」を公表しました。 財団は2020年8月に公表した「2030年エネルギーミックスへの提案(第1版)」で、自然エネルギーで電力の45%を供給し、石炭火力と原子力をフェーズアウトする「持続可能なエネルギーミックス」を提起しました。 今回の報告書では、この「持続可能なエネルギーミックス」において、「あらゆる時間帯における安定供給」、および「アフォーダブルなエネルギー供給...

【ファクトシート】海外トレンド ─石炭火力ゼロに動き出す世界の国々

2020.12.26

【ファクトシート】海外トレンド ─石炭火力ゼロに動き出す世界の国々

石炭火力をめぐる各国の対応状況についてまとめたファクトシートです。(PDF)

【レポート】WWF「脱炭素社会に向けた2050年ゼロシナリオ」発表

2020.12.11

【レポート】WWF「脱炭素社会に向けた2050年ゼロシナリオ」発表

WWFジャパンは、2011年から6回にわたって発表してきた「脱炭素社会に向けたエネルギーシナリオ」への提言を改定し、2050年ゼロに向けた提言を新たに発表しました。 2017 年版を発表以降、エネルギーを取り巻く環境は大きく変化し、他国に出遅れていた日本でも菅首相が2050年脱炭素社会を宣言したことで、脱炭素社会に向けた流れが加速しています。 WWFジャパンのシナリオは最新の現状を反映させ、2050年脱炭素を可能にするためには2030年にどうあるべきかを示しており、2030年...

【ファクトシート】日本の石炭火力 – 依存度が高まり温暖化対策に逆行

2020.11.30

【ファクトシート】日本の石炭火力 – 依存度が高まり温暖化対策に逆行

日本の石炭火力発電所が過去30年以上、増え続けてきた状況を解説するファクトシートです。(PDF)

【レポート】2020年改訂版 2030年石炭火力フェーズアウトの道筋

2020.11.17

【レポート】2020年改訂版 2030年石炭火力フェーズアウトの道筋

2020年11月17日、気候ネットワークが『2020年改訂版 石炭火力2030フェーズアウトの道筋』を公表しました。 気候ネットワークは、2020年10月に菅首相が2050年に温室効果ガスの排出を全体としてゼロとし、脱炭素社会の実現を目指すことを宣言したことを踏まえて、2018年に公表済みのフェーズアウト計画の見直しを行い、今回の改訂版を発行しました。日本国内の石炭火力発電設備は1970年代以降増え続け、現在も新規の建設・運転が進んでいますが、パリ協定の目標を達成するためには...