local activities
地域の活動

Ube
宇部

山口県宇部市では、2014年に60万kWの超々臨界圧(USC)の石炭火力発電所2基(計120万kW)の計画が浮上しました。この「西沖の山発電所(仮称)」は、電源開発と宇部興産が共同出資する山口宇部パワーが、宇部興産の石炭中継基地に隣接する敷地に新設しようとしているものです。

当初の計画には大阪ガスが出資者に加わっていましたが、2019年4月に計画からの撤退を表明しています。これを受けて山口宇部パワーは、計画休止を発表する一方、当初計画を60万kWのUSC×1基もしくは酸素吹IGCC(石炭ガス化複合発電)×1基(発電規模不明)の石炭火力発電設備の建設へと変更することを検討することを表明しています。今後、いつ事業者による建設に向けた動きが再開するか予断を許しません。

宇部の石炭火力を考えるプラットフォーム